BELLRING少女ハート

小野啓写真集(先行予約限定Tシャツ付き)『暗闇から手をのばせ Reach out and touch faith』

  • ¥ 5,400

BELLRING少女ハート
写真集
※ この商品は予約商品です
受付期間::2017年10月2日(月)20時 〜 2017年11月3日(金) 正午まで
お届け:2017年11月下旬

※複数商品をご注文の場合は、お届け日が もっとも遅い商品にあわせて一括でのお届けになります。

2016年12月31日で活動休止となったBELLRING少女ハートの写真集が発売です!
※こちらは先行予約限定のTシャツ付き写真集となります。

小説『桐島、部活やめるってよ』のカバー写真や乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」のジャケットの撮影で知られる写真家・小野啓の4年ぶりの新作は、過激でエモーショナルなステージを繰り広げたライヴアイドルユニット「BELLRING少女ハート」(通称:ベルハー)のライヴ現場。
写真家はフィルムカメラを片手にライヴハウスに通いつめ、躍動するメンバーと狂喜乱舞するファンの姿を2年半の歳月をかけて撮影しました。ステージの情景だけでなく、バックヤードでライヴ前のメンバーの緊張感や持てる力を燃やし尽くしたライヴ後の彼女たちの切実な姿にもためらわずカメラを向け、はからずも朝倉みずほや柳沢あやの、甘楽らグループを離れることになったメンバーの最後の姿も捉えました。写真集は厳選したカット400点以上を収録、全512頁にまとめた渾身の書です。

「今、何かとても重要な場面に出くわしている。
ただこの現象を目撃し、この現場に居合わせる。僕はカメラを持って、ともに命を削るように。
そして、その終焉へと向かうエネルギーの渦に飲み込まれていく。」
小野啓

500頁を越えるスタイリッシュかつ迫力の造本・装幀は、第39回木村伊兵衛写真賞を受賞した森栄喜『intimacy』(ナナロク社)などの写真集や美術展図録の装幀で腕を振るう森大志郎氏が担当しました。さらに、巻末には気鋭の評論家、宇野常寛氏による解説を掲載。AKB48をはじめ現代アイドルにも造詣が深く、現代の文化批評屈指のヘッドライナーである宇野氏が放つ批評からも目が離せません。
本書は、これまで現場以外ではなかなか見ることができなかったベルハーの現場とその魅力に写真で肉迫した唯一無二のドキュメンタリーであり、光と影が織りなすライヴアイドルの現在を伝える貴重な一冊です。

判型:A5変形(150mm×190mm)、オールカラー
総頁数:512頁
製本:並製、ソフトカバー
ブックデザイン:森大志郎

著者:小野啓
解説寄稿(和英併記):宇野常寛(批評家)

発行予定日:2017年11月19日
発行・発売:silverbooks

特典Tシャツ
色:Black
サイズ: S・M・L・ XL・XXL・XXXL
デザイン:森大志郎(本書アートディレクター)

サイズ 着丈 身幅
S 65 49
M 69 52
L 73 55
XL 77 58
XXL 81 63
XXXL 84 68

小野啓写真集『暗闇から手をのばせ Reach out and touch faith』

  • ¥ 4,320

BELLRING少女ハート
写真集
※ この商品は予約商品です
受付期間::2017年10月2日(月)20時 〜 2017年11月3日(金) 正午まで
お届け:2017年11月下旬

※複数商品をご注文の場合は、お届け日が もっとも遅い商品にあわせて一括でのお届けになります。

2016年12月31日で活動休止となったBELLRING少女ハートの写真集が発売です!
先行予約特典として通常価格4,500円+税のところを、特別価格4,000円+税で販売!

小説『桐島、部活やめるってよ』のカバー写真や乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」のジャケットの撮影で知られる写真家・小野啓の4年ぶりの新作は、過激でエモーショナルなステージを繰り広げたライヴアイドルユニット「BELLRING少女ハート」(通称:ベルハー)のライヴ現場。
写真家はフィルムカメラを片手にライヴハウスに通いつめ、躍動するメンバーと狂喜乱舞するファンの姿を2年半の歳月をかけて撮影しました。ステージの情景だけでなく、バックヤードでライヴ前のメンバーの緊張感や持てる力を燃やし尽くしたライヴ後の彼女たちの切実な姿にもためらわずカメラを向け、はからずも朝倉みずほや柳沢あやの、甘楽らグループを離れることになったメンバーの最後の姿も捉えました。写真集は厳選したカット400点以上を収録、全512頁にまとめた渾身の書です。

「今、何かとても重要な場面に出くわしている。
ただこの現象を目撃し、この現場に居合わせる。僕はカメラを持って、ともに命を削るように。
そして、その終焉へと向かうエネルギーの渦に飲み込まれていく。」
小野啓

500頁を越えるスタイリッシュかつ迫力の造本・装幀は、第39回木村伊兵衛写真賞を受賞した森栄喜『intimacy』(ナナロク社)などの写真集や美術展図録の装幀で腕を振るう森大志郎氏が担当しました。さらに、巻末には気鋭の評論家、宇野常寛氏による解説を掲載。AKB48をはじめ現代アイドルにも造詣が深く、現代の文化批評屈指のヘッドライナーである宇野氏が放つ批評からも目が離せません。
本書は、これまで現場以外ではなかなか見ることができなかったベルハーの現場とその魅力に写真で肉迫した唯一無二のドキュメンタリーであり、光と影が織りなすライヴアイドルの現在を伝える貴重な一冊です。

判型:A5変形(150mm×190mm)、オールカラー
総頁数:512頁
製本:並製、ソフトカバー
ブックデザイン:森大志郎

著者:小野啓
解説寄稿(和英併記):宇野常寛(批評家)

発行予定日:2017年11月19日
発行・発売:silverbooks